10月1日から自動車の税金が大きく変わります

令和元年度税制改正により、自動車税や自動車の購入時に課税される自動車取得税について、2019年10月1日から新制度が適用されます。

自動車取得税の廃止、環境性能割の導入

2019年10月1日以降、自動車取得税が廃止され環境性能割が導入されます。
新車・中古車を問わず環境性能割の税率は自動車の燃費性能等に応じて、自家用の登録車は0~3%、営業用の登録車と軽自動車は0~2%になります。
ただし、2019年10月1日~2020年9月30日までの自家用自動車の購入する場合は環境性能割の臨時的軽減により税率が1%軽減されます。

自動車税の税率引き下げ

2019年10月1日以降に購入した新車から自動車税の税率が引き下げられます。
また、自動車の排気量等に応じて毎年かかる自動車税は「自動車税(種別割)」に、軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されます。
※軽自動車は税率の変更はありません。